ちょっとした志し

2015年になったら「27mmの浜松」という括りで写真を撮っていこうと一念発起しました。 眠っている1シリーズのNikonJ3と単焦点レンズ10mmf2.8を大きな蔵?から出して活用し、これを持ち歩いて、行く先々でスナップを撮っていこうというわけです。

Nikonの1シリーズというのは、1インチセンサーを使った小さなレンズ交換式カメラです。で、そのシリーズに対応したレンズは10mmというと、普通のカメラで言うと27mmに相当します。それで、「27mmの浜松」ということになります。ほんの少しワイドなレンズと言えば良いと思います。

実は、「新浜松紀行」というサイトを立ち上げているので、そこに撮った写真を載せていこうかと思っています。目にとまったものを、無造作に撮るだけですから、たいした写真にはなりませんが、へえー、こんな所もあるんだと、浜松の街を知っていただければ良いかなと思っているのです。

広告

大いに同感したこと

友人が誕生日なので、「おめでとう」と伝えたら、「お互いこれいいじょう痩せないようにしよう」と返信が。うん、そうだそうだと大いに同感しました。

思い出した

何年前だっただろうか。10数年は経ったと思います。クリスマス主日礼拝、イブ讃美礼拝、降誕後第一主日礼拝を縫うように挟んで葬儀が4つ続いたことがありました。

クリスマスの諸集会と3つめの葬儀もすみ、葬場でこれで最後だと火葬の終わるのを待っていたとき、O姉が召されたとの知らせを受けたその時のことを思い出しました。忘れることができません。力尽きる寸前、これでやっと一息つける、その矢先のこと。正直、もう勘弁してくださいと心の中で呟きました。

よくやったものだと思います。私もそうだけれども、委員長のK姉をはじめ教会の慶弔委員の方々、そして、家内もです。

なぜ思い出したかと言うと、今年は24日の燭火讃美礼拝に引き続き、25日に葬儀を行うこととなったからです。いま、その準備中です。息抜きに、この投稿を書いています。

ケーキとシュトーレン

今日は子どもたちとのクリスマス会でした。予定より参加者が多くなり、嬉しいことでしたが、用意していたケーキが足りず、大人は、シュトーレンをいただきました。

DSC02911DSC02914

嘆いてはいるが

寒い寒いと嘆いてはいるが、あと何回冬を越せるのだろうかと考えると、愛おしくなります。そうだ、温かい、美味しいものを食べて太ることにしよう。

土に一体化するイエス

クレーフェ降誕2_ページ_2

有名な?ヨース・ファン・クレーフェ(1485ー1540年)の『降誕』、ウィーン美術史美術館所蔵です。土の上に産み落とされたイエスがその周囲に光を放っている。

天につける者でありながら、大地という低いところに自らを落とし、土(アダマー)から造られた人間(アダム)と同じ姿になられたと告げています。

小羊学園マルカートでのクリスマス

知的障害者の通所施設です。クリスマス会がありました。わたしは礼拝で三人の博士のお話をしました。小羊学園本体とはちがって障害が比較的小さい方々が多くおられます。お話しが分かったかどうか分かりませんが、静かに聞いてくださいました。

礼拝が終わると、楽しいプログラムが用意されていて、施設利用者の方々はリラックスして楽しそうでした。三人の女性サンタさんは魅惑倶楽部(エキゾチッククラブ)の皆さんです。楽しいアクションソングを歌ってくれました。

場所は南区役所の横です。周囲は津波の心配からでしょうか、閑散としています。施設はその津波の避難場所として作られたビルの中にあります。

DSC_5274