フラワーパークのイルミネーション

初めてです。ニュースを見ていて知りました。池を中心に、温室を含めて、のんびりとグルッと一周して1時間ほどでしょうか。入場料は500円、それにはお買い物券500円分が付いているので、ショップとレストランで使うことができます。どうぞ、いらしてください。

ちなみに、このとき使ったカメラはNikon Df+24-85mmVRです。光を良くとらえます、このカメラは。そう思います。

広告

「聖書学より聖書のほうが大切だ」

神学大学の同級生で、ここ数年、よく電話をくれる友だちがいます。嘆きとぼやきの電話です。いや、失礼。キリスト教界を憂いて、鼓舞する電話です。

若い頃からリベラルな人だったと思うのですが、そして、教団政治でも違う立場でしたが、先日、受話器の先で「聖書学より聖書のほうが大切だ」と力を込めて話していました。聖書の歴史研究を中途半端に取り入れて、あるイデオロギー(解放思想)に傾く一部の人々(彼の周囲にはそういう人が多いようだ)に対する批判です。ほんとうのリベラルはそんなものではない、ということなのでしょう。

聖書学より聖書のほうが大切だ、というのはその通りだと思うのです。わざわざそう言わなければならない現実があるのは、日本では聖書と伝統に根ざして教会(共同体)を形成することが稀薄であったことに由来するのでしょう。そして、世の中の風潮や思想に教会が、私たちが考えている以上に、飲み込まれてしまっているのかもしれません。

漁人碼頭に

少し時間がとれたので淡水川の河口、漁人碼頭に行ってみました。台北からMRTで淡水へ、45分くらいでしょうか、そこから高速艇で10分ほどのところにあります。

情人橋(恋人橋)と呼ばれる白い綺麗な橋が印象的な漁港で、観光地として整備されています。

夕焼けの美しいところだそうですが、眺める時間はありません。残念。

 

LCCを初体験

台湾に用事がありLCCのPeachAirを利用しました。朝5時50分羽田発、帰りは、夜中0時40分桃園発でした。体力的には厳しかったですが、夜中のフライトですから時間的には無駄がなく、便利でした。

なるほど、これがLCC なのだと初体験できました。座席は膝先が狭いのが気になりましたが、シートそのものは革張りで快適でした。機内サービスはありませんが、ずっと寝ている私にはあってもなくても関係ありません。床のカーペットの薄さに納得しました。行きも帰りも満席、感心しました。

スマホ、機種を変えました

少し不便なところが出てきたのでスマホを新しくしました。Xperiaの最新版で発売日に購入です。

スピード感が違います。早いです。液晶のキーボドが打ちやすく感じます。なぜでしょう。文字盤が大きくなったわけではないのです。不思議です。そうそう、バッテリーが長持ちします。感激。

ついでに契約内容もかけ放題に変更しました。機種変の費用は、契約年数による特典やポイントなどがあり、月々500円ほど2年間で分割となりました。安いのか高いのか分かりませんが、サービスショップでお金を支払わないで手続きができたのは初めてでした。

撮り鉄に

今、テレビをつけたら、「マツコ&有吉の怒り新党」をやっていました。その中の1コーナーで、な、なんとかつて大洋ホエールズで活躍した屋敷要氏の、撮り鉄としての今を紹介していたのでした。

NikonのたぶんDX一眼レフカメラです。高倍率ズームをつけて撮影スポットを移動しながら走る蒸気機関車を撮っているではありませんか。煙と蒸気をはきながら走る機関車を、風景の中に捉えるというのがコンセプトのようです。ハイアマチュアのレベルですね。立派です。そして、楽しそうでした。

わたしも写真を老後の趣味にしようと16年前からデジタルカメラで写すようになりました。たわいのない写真しか撮っていませんが、カメラを持ち歩いて撮るのは楽しいですね。

軽のライトバンを手に入れて撮影行用に改造し、日本中を旅するのをひそかに思い描いています。が、実現しないでしょうね。